ゆる日記

アニメ漫画感想その他趣味や日常の事をゆるめに。

2020年秋アニメランクと感想

ランク基準

S→素晴らしい!

A+→とても面白い

A→面白い

A-→ギリ及第点

B→微妙

C→...何も言うまい

 

S:

第501統合戦闘航空団 ストライクウィッチーズROADtoBERLIN

押しも押されぬ秋クールNo.1。健在のキャラ達がそれぞれ少しだけスタンス変わって、だがそれでも変わらず笑いあり涙ありを繰り広げと、501が帰ってきてくれた事を実感した。1期2期3期と、一つ一つの話の大枠は変わらないのにずっと面白いのある意味凄いのではないだろうか。バトルシーンも作画・キャラ描写共にgreat。

坂本少佐が正式に501を引退したことであまり登場せず寂しさはやはりあったが、映画から登板した新メンバーの服部静香がその分をカバーしてくれていた。先輩となったことで芳佳にも成長がみられた一方で根っこの部分は変わっていないというのがまた良い。


アクダマドライブ

ダンガンロンパシリーズの生みの親の一人である小高和剛氏原案のオリジナルアニメ。個性豊かなキャラと深く練られたシナリオ、破天荒な演出と特にダンロンファンには堪らなかった。巻き込まれた主人公が物語を通じて成長して真のアクダマになっていく様の丁寧さに脱帽。髪型が変わった後のムーブはまさに「詐欺師」と呼ぶにふさわしい物であった。声優が黒沢ともよさんって事と髪型と同時に雰囲気が変わるって事で、宝石の国のフォスフォフィライトを少しだけ思い出した。他のアクダマもそれぞれに見せ場があって楽しめた、個人的には殺人鬼が良い感じに狂いまくってて好き。結末も個人的好みのメリバって感じで良かった。観てない人は一瞬だけFOD登録してでも観る価値がある。2020年5chアニメランキングNo.1の実力は決して伊達ではない。

 

A+:


無能なナナ

エンタメ賞。衝撃的な1話から始まり、それだけの一発屋にならず、引きの上手さで視聴者を掴み続け、心理戦がマンネリ化する前にキャラ背景描写や呉越同舟と言った手札を切り、とにかく意地でも飽きさせなかったのが偉い。無能なナナという題が皮肉に聞こえる程序盤のナナはザルだったが、戦いを通じて徐々にだが大きく心境を動かしていく様が面白かった。能力者だと、ネクロマンサーの子がヤベー奴で良キャラでしたね。

月刊少年ガンガンという雑誌、実は大昔購読していた時期があったのだが(ハガレン修了直後の、絶園のテンペストとかが主力だった頃)今はもう何が連載しているのかまともに知らないばかりか特にアニメ化されても話題になるもの聞かず、ガンガンジョーカーやオンライン、Gファンタジー等の姉妹誌で持っているものだと思っていた(発行部数も目に見えて激減している)が、まだ本誌にもこんな面白い作品が残っていると言うことを知ることが出来て勝手に感動していた。

 


憂国のモリアーティ 前半

正義の犯罪者系。因みにシャーロックホームズシリーズは全くの無知。私欲ではなく、コンサルとして依頼を受けて悪徳貴族に裁きを与えるという展開が面白い。個人的にはグレープフルーツの話が一番戦略的で好き、ノアティック号とかも良かったが。「主人公」であるホームズと絡む事でどのように物語が動くのか、後半も楽しみである。

 


ゴールデンカムイ 3期

3期始まる前に1期2期を急いで観たが、結果的にはそうして良かったなと。過去回想がやや多めな気もしたが、ギャグや飯テロは健在で、特にアシリパパートはこれぞ金カムと思わせてくれた。北海道が舞台であることも魅力と思っていたので樺太に行って失速しないか少し不安だったが杞憂であった。ここまでの物語の最大の敵とも思えたキロランケが退場し、区切りかつ新章の幕開けを予感させた。

 


トニカクカワイイ

ハヤテのごとく作者の新作。ラブコメって三角関係でギスギスしたり主人公がクズやへたれだったりして悪印象になることがありがちだけど、この作品はギスギス無しで主人公も好青年と、観ててイライラしないラブコメという点で既に好印象。人外(?)だけど人間味に溢れたヒロインも良く描けていて、一見イチャついてるだけに見えても夫婦で過ごす尊さが伝わっていた。周りのキャラも盛り上げ役として立っていたと思う。

 


安達としまむら

陰キャの安達と陽キャ(を演じてる?)の島村という対比がまず面白い。島村を想って色々しようとする安達がいちいち可愛くて笑ってしまう事もあった。雰囲気アニメ寄りではあるが百合物として良作かと。ただ宇宙人モドキはなんだったんだろう…

 

 

 

呪術廻戦  前半

原作ジャンプで読んでいる作品。実は原作そこまでツボじゃないが、それを予想以上にハイクオリティなアニメにしていた。特に最序盤の虎杖死亡以前なんて原作だと普通にその辺の打ち切り漫画と大差ないと思っていた(アンケもとれていたとは言いがたい掲載順だった)のに、アニメでこんなにも良くなるのかと。ダークだけど王道のジャンプバトルに相応しい演出が重なっていた。順平編は原作から良かったけどアニメで改めて観てやはり名エピだった。後半も期待。

 


ひぐらしのなく頃に業 前半

旧作知らず初見。事件編が複数エピであったが、良くも悪くもひぐらしとはどういう物なのかがわかった。闇が見え隠れしていて各エピ最後にそれが噴出する構成が良い。解決はどのようにしていくのだろうか。

ちなみにこのアニメの主人公は圭一くんじゃなくて梨花ちゃんだと思っています。

 

A:


炎炎ノ消防隊弐ノ章 後半

引き続きの安定枠。再びのネザー編が最初うーんではあったがジャガーノートの奮闘回や直前エピで色々あったマキさんの復帰などで盛り上がって終わってみると悪くなかった。また妄想だが熱血クソ野郎中隊長をまた観れて感動(?)したw

 


GREAT PRETENDER (case3以降)

シンシアをメインとしていたcase3が良すぎた事もあって評価上昇。フェイクだろうと頭では思っていてもそれが判明して驚かされてしまうのはアニメとしての演出の強みなのだろう。各caseでメインキャラ1人ずつにフォーカスしていたのも良かった。

続編は作ろうと思えば作れなくもなさそうな気はするけど、やるならローランは続投しても主人公は枝村から別のキャラにコンバートして欲しいですね。彼にはもう詐欺からきっぱり離れて幸せになって欲しい。

 


体操ザムライ

MAPPAのオリアニ。スポ根というよりハートフルものとして楽しんでいた。スポーツ選手とその娘、それ故のあれこれ等はよく描けていたかと。スポ根要素があまり強くなかった事で個人的に最終話に言う程感動出来なかったのが惜しい。

OPの上海ハニー、曲名は昔から知っていたけどほぼまともに聞いたことがなく、この機にはじめてまともに聞いた。

 


魔女の旅々

この作品は個人的には4話や9話のような鬱々したエピの方が断然面白かった。明るめの話も悪くはないけどどうしても同系統のキノ旅と比べてしまって。というよりも、3話と4話で立て続けに暗い話をやったおかげでその方面に期待が向いてしまったのはある。単発で観やすいのは良いが。あとお師匠様達が絡む話が謎に好きだった。サヤさんは結構頻繁に出てきたけど・・・正直お腹いっぱいでした。

 


くまクマ熊ベアー

異世界ドラえもん。基本ユナ一点突破のなろう典型だが、キャラデザの所為か緩い雰囲気の所為か気軽に観れて日常系の代わりにしていた。これが主人公男で俺TUEEEだったら楽しめなかっただろうなw人間という物は単純である。2期も観るけど、次は現実とのリンクなりユナが愛想尽かす話なりと言った目新しい物も見たい。

 


まえせつ!

なんやかんやで笑顔咲いていた。ネタについて散々なまでに色々言われていたが、「芸人とは何ぞや」という要素がよく活かされており、お笑い芸人の卵の成長物語としては決して悪くなかったと思っている。中盤の妹コンビがコンテスト応募して惜しくも落選した話とか特に。お笑いはアニメでは難しいジャンルと判明したが、逆にその中でよく頑張っていたと思う。

 


神様になった日

今期一の問題作。非常に悩んだけど最終的にこの位置に。茶番多すぎ、尺足りない、ぶん投げ要素ありありと言いたい事は山程あるが、舞台や話のスケールを小さくしたのは良手と思った、前作のシャーロットはスケール大きくしたことが裏目に出て最終的にとっちらかっていたので。田舎の雰囲気と何が起こるかわからない感じのマッチングで惹きつけられ、また序盤の茶番も見方を変えて日常の積み重ねに意味があったという結論をつけていたのは評価していいのかなと。7話のラストでひなと博士の写真出たところとか、8話のロゴス症候群の話とか普通にヒエッてなったしねw。

但し麻雀お前はダメだ。最終話で「あれは全部ひながやりたかったことだったのか・・・」といってこれまでを振り返るシーンがあったけどその中にその麻雀の場面がなくてめちゃくちゃ笑った。

 

A-:


池袋ウエストゲートパーク

社会風刺系で話は面白いはずなのに、ひたすら台詞だけで背景を説明してた所為で入り込みにくかった。また単発回はまだしもギャングの抗争がひたすらどうでもよくて乗り切れなかったのも痛い。ラスト2話は良かったのでその為の積み重ねと思えばなのかもだが。

 


アサルトリリィBOUQUET

キャラ多すぎ枠その1。沢山いたキャラの大半はただ取巻きとして出してて空気だったのが痛い。メインのりり・ゆゆの絡む本筋は悪くないのでずっとその2人フォーカスで百合感強めた方が良かったと思う。楓さんは良キャラで個人的に好きだったが。

この作品の監督である佐伯昭志氏の過去作「放課後のプレアデス」を9月頃に観ていてこれが非常に面白くて、その影響で期待しすぎてしまったというのはある。


半妖の夜叉姫 前半

出だしは良かったけど、途中からただ妖怪退治を繰り返すだけで盛り上がりに欠ける感じになっていてダレてしまっている。犬夜叉知らないけどもっと犬夜叉を前面に出してもいい気もする。2クール目で盛り上がる事を期待。

 


いわかける! -Sport Climbing Girls-

キャラ多すぎ枠その2。ライバルキャラが多過ぎて誰にフォーカスすれば良いのかわからなかった。試合もゲームとクライミングを合わせた演出は斬新だったものの何処か熱量に欠けていた感が否めない。良い回もあっただけに惜しい。

話と直接関係ないけど、個人的にOPムービーがあんまり好きじゃなかった。何というか好がまるであえいでいるかのような感じの所とか特に。


土下座で頼んでみた

バカアニメ。謎に嫌いじゃなかった。これをアニメ化しようと思った事が一番面白い。頼む人の声で杉田さんを配役したのがナイスチョイス過ぎてじわじわ来る。

 

B:


戦翼のシグルドリーヴァ

リゼロ作者がシリーズ構成のオリアニ。系統の似たストパンと同期に行うと言うことで初めから比較してしまわないか不安であったが、終わってみるとそれ以前の問題だったかなと。コメディもシリアスも、描きたい事色々盛り込ん結果全体的に半端で薄かった印象。終始淡々としていて謎解明も緊迫感に欠けて、ラスボスの目的もイマイチよく分からず。ミヤコが諸々頑張ってた3話と10話は悪くなかったが。寧ろ3話みたいな感じのが続くのかなと少し期待していた。

初めからうさんくさかったとはいえ一応は味方だったオーディンの唐突な黒幕宣言は前期のジビエートで伝説となったヨシナガ博士の「こういう結末もありってことだ」を不覚にも思い出してしまった。あと最終話の犠牲者悼むシーンで姿浮かぶのが姉貴やレイリー差し置いて名前もわからんようなおっさん3人だったのも笑ってしまった。

ちなみにOPは滅茶苦茶好きです。この作品の数少ない功績。

 

C:


レヱルロマネスク

秋クールダントツワースト。アニメを通じて鉄道のあれこれを知れて鉄道に興味を持たせてくれると期待したのに、鉄道と萌えの組合せを全く活かせていなかった。ただキャラに知識喋らせるだけで何も入ってこず、キャラも説明役だけの為空気。噂によると殆どのキャラは原作にいないオリキャラらしく、まさに「何がしたかったのだ?」

2020年夏アニメランクと感想

 

ランク基準

S→素晴らしい!

A+→とても面白い

A→面白い

A-→ギリ及第点

B→微妙

C→...何も言うまい

D(特例)→伝説

S:

※無し

A+:

 

デカダンス

2020年夏クールの至宝。2話の超展開で視聴者を驚かせたもののその後は比較的王道寄りの展開が続いた。それ故更なる超展開を期待しすぎた視聴者もいるとは思うが、その中でも引きや伏線を上手く使っていて毎話次が楽しみになるような作品だったと思う。トリガー関係無いけどトリガーの様な熱さと勢いを感じた。サイボーグSideのカブラギ、人間SideのナツメというW主人公構成も上手く働いていたかと。

 1話観たとき、描かれ方的に明らかに主人公はナツメに見えたのにEDのクレジット順でカブラギが先頭だったのが個人的に違和感だったのだけれど、2話観てそういうことだったのかと感服していましたね。


放課後ていぼう日誌

ウミノススメ、という言葉がぴったりな位ヤマノススメに似ていた。だが決して劣化にはなっておらず、海を担当する(?)役割をしっかり担っていた。日常系としてのオアシスな役割も良し、釣りや魚に関するあれこれも比較的よくアピールしていて楽しさを伝えれるアニメだった。筆者はこれ見て釣りをやってみようとまではならなかったが、魚の特性といった専門的な話は興味深く、また釣った魚での料理は食べてみたいと思えた。また楽しいだけではなく、釣り糸野鳥問題等釣りをする上で考えるべき事を描写したり、ヤマノススメではそれほど活かされているわけでもなかった主人公の手芸趣味というサブ要素もちゃんと活かせていたのが好印象。

 


天晴爛漫

ダークホース兼賛否両論枠。レース蔑ろが色々言われていたがこの作品の魅力はそこではなく、明治時代という新時代の幕開けにおけるエンジニアリングや文明開化を描いていた事だろう。まあレースといってもサーキット上でのカーレースではなく長距離を移動するいうなれば車版駅伝みたいな感じなので、そもそもレースにフォーカスしすぎるのが難しいという部分はあったと思う。マラソンとかと違って肉体的トレーニングがあるわけでもないし。その上で、車を改造して特殊性能で勝負しようとしたり、後半のアクション部分でカラクリ玩具的な物を上手く扱っていた天晴のエンジニア的素質を見るのが面白かった。力の世界の中で頭脳で勝負している感というか。

んで後者の文明開化についてだが、特に印象的だったのが最終話でディラン&TJがギルを倒した際、ディランが「こいつは暴力で倒すのではなく法の裁きにかける」と言った所で、これ、日本が明治時代初期の西南戦争を最後に国内戦争を行わなくなり、武力ではなく議論で物を決める世に変わっていったことのオマージュに思えたんですよね(考えすぎかもしれないけど)。

またその時代では日本にとって未知の国だったアメリカに来た日本人を描く上でも面白かった。温泉とか輸血とかで顕著だったが。

 


AICO

元々Netflix限定だった作品がTV放送された物で、ネトフリに登録しているので一気観することも出来たが敢えて足並みそろえて一週一話ペースで観進めた。今時珍しい硬派寄りなSF。謎めいた雰囲気や伏線を張っているような演出がまず掴みとして見事。その後はマターと呼ばれるドロドロの物質を駆除しながら淡々と旅を続けていく感じでこれに関しては少し退屈もあったものの、その中でも謎を散らしていたお陰で掴みから離れる事なく観れた。生物工学じみた設定は理系ホイホイで、現場から離れた場所で闘う大人達と言った様相を観る楽しみも。

 

A:


Reゼロから始まる異世界生活 2期前半

とりあえずまだこれからだろうと思ってこの辺で。1期の特に中盤あたりはスバルのヘタレっぷりが目に余っていたがそのときの出来事を乗り越えたこともあり、1期と比べてスバルの人間的成長が著しい。それを踏まえた4話目は1期18話に次ぐ神回。個人的にスバルが現実世界でどんな人物だったのか気になってたので尚このあたりは楽しめた。1期の功労者であったレムの退場が危惧要素だったが、その分エキドナというダークヒロインが盛り上げてくれた。

後半も今から楽しみである。

 


ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 2期

ジャンプ漫画原作アニメ。1期が単発怪異物寄りだったのに対して今回はロージーの成長物語に重点が置かれていた印象。話はあまり進まなかったが、上記のテーマやゴリョー編として観た場合は起承転結に収まっていたのでは。ただエンチューとの決着をアニメで観たいので3期も来て欲しい。怪異や魔法律の演出は健在だったかと。

 


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている完

長期作の最終章、それに相応しく?それまでの群像感を無くしメイン3人の決着に特にフォーカスしていた。最後はあれこれで終わり?と少し思ったが、作品のテーマ上これも一つの落とし所なのかなと。

ちなみに俺ガイルは一年ほど前に1期と2期を一気観した上での今回の3期視聴だったのだけれど、それでもこの作品が完結するということの感慨深さが凄かったので、リアタイで1期からずっと追っている人達は相当なものなんだろうなと思った。

 


炎炎ノ消防隊弐ノ章 前半

安定して面白い、正直1期よりも。特筆点がある訳ではないけど少年漫画原作アニメとして平均点が高いから安心して楽しみにできて楽しめる。キャラも敵味方共に魅力的だし。ただ11話らへん?でシンラや第八メンバーが出ない部分が少し微妙だったので、そこが後半の懸念だろうか。

キャラといえば、1期の烈火星宮とこの2期で新たに登場したインカが結構好みなのだけれど、自分は狂人系キャラ好む傾向があるのかもしれない。

 

 

 

LapisReLiGHTs

アイドル物としての良し悪しはさておき、魔女見習いの青春日常物として楽しんでいた。前半はアイドル何それではあったがキャラが多いソシャゲアニメにしては各メンバーをちゃんと目立たせており、後半はアイドルに魔法要素を少なからず交えた演出が出来ていたかと。

 

 

 

GREAT PRETENDER (case2まで)

正義の詐欺師というありがちだけど面白くなりやすいテーマの作品。特にcase1は詐欺師ではあるが人としての矜恃を捨ててない主人公の描写が良く、どうなるのかからの種明かしも素直に感服した。その分case2が地味で印象薄いのが少し痛い。ここからどうなるのか。

 

A-:


富豪刑事

かなり昔の小説を現代版にアレンジしたアニメ。まず序盤の真面目な事件に入る変なノリの連発が尾を引き、後半は立て直しこそしたけどコンセプトの金に物言わず刑事要素が薄れ、普通の刑事アクションになっていた感が否めない。欲張りだけど、後半のシリアス感と前述コンセプトの両立を観たかった(それ出来てたのはグルっとなくらい?)

 


魔王学院の不適合者

脚本はよくあるなろう系だが、逆に脚本以外の作画や音響や演出は全体的にレベルが高かった。その脚本も序盤こそ今期ワースト級だったものの、最終的にギリギリ及第点並には思えた。Aに出来ないのは単純にこの手の作品がツボとズレてるだけかもしれない。ミーシャ&サーシャは素直に可愛かったし、レイ関連のエピは良さげだったような気がする。

 

B:


ド級編隊エグゼロス

エロを力に戦うヒーローという設定は斬新だが正直それくらい。昔少しだけ原作読んだことあってそれ覚えてた為ストーリーは初めからそこまで期待していなかったが、作品の武器であろうエロの演出が微妙で男目線でも画面に目が向かない感じだったのが痛かったかな。いっそ最終話みたいな戦隊ぽい名乗り毎話やるでも良いのに。

 

C:


彼女、お借りします

主人公がクズというより小物なのがまず痛く、婆ちゃんのノリが寒い、ヒロイン達にもあまり共感出来ないと、まぁ挙げると色々ある。そういうサブ要素のマイナスに加えて丁寧に描くべきエピをあっさり済ませて明らかにいらん話で1話使ったり4人目のヒロインを11話まで出さずと、構成も上手かったとは言えない。マガジンってラブコメ激戦区だと思ってたけど原作は面白いのだろうか…

 

D:


ジビエート

令和に現れた伝説。567禍とマッチした内容と思いきやそういうアポカリプス要素は蔑ろになり、迫力のない戦闘や雑なキャラ処理が続いた挙句終盤は伏線なにそれ美味しいのといわんばかりの超展開。というかストーリーは10話くらいまではただ単につまらないだけのものだったけど11話の超展開が伝説への道に拍車をかけたと思う。演出も枯れててジビエのデザインや作画ももっと良く出来ない?と思うものばかり。あらゆる要素が逆方向に神がかっていてある意味これに立ち会えた感動すらある。

最終話で博士が「何がしたかったのだ?」と口にしたけどたぶんそれは視聴者全員が言いたいことですよwあと「こういう結末もありってことだ」は今後現れるクソアニメに対しても使われそう。

2020年春アニメランクと感想

 短文の簡易的な感想です。

 

 

ランク基準

S→素晴らしい!

A+→とても面白い

A→面白い

A-→ギリギリ及第点

B→微妙

C→・・・何も言うまい

 

S:


かくしごと

終わってみるとこれが一番ひとつの作品として良く出来てた印象。漫画家あるあるを初めとした日常コメディはキレがあり、その中に伏線も貼られて飽きない構成かつその回収も見事。最終話観終わった時は比喩抜きで拍手をしていた。傑作と言って良いであろう。


かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳~

1期から衰えぬクオリティだが、今期は若干シリアス多め。噂の石上過去編は想像以上に重かったが、それを乗り越えた体育祭編及び選挙編でのセリフから石上人気は爆上げだろうし、加えてこれら2エピでの会長も素晴らしかった。

勿論コメディパートも健在。今後も楽しみ。

 

A+:


グレイプニル

今期のダークホース。1話こそ決して印象良くなかったが段々と惹かれ、気付くとこれ程ハマっていた。一見よくあるデスゲーム系だが、謎めいた雰囲気が緊迫感を出し、雑さもないので目が離せなくなる。またアニメならではだが、江麗奈役のざーさんの演技が光っていたと思う。

 
イエスタデイをうたって

多分今期一賛否の割れる作品ではないだろうか。個人的には陸生と榀子が一度くっついた上で互いを見直すという過程があった為あの結末はアリだと思っている。主要キャラは皆不器用であったが寧ろだからこその作品とも言える。湊や柚原と言った単エピも良き。

原作から大幅カットされてこの出来らしいから、カットなかったらどうなってたやら。

 A:


BNA

まぁこんなものだろうって所に着地した。尺不足、みちるに共感出来ない等割と言いたい事もあるのだが、勢い重視のトリガー節は健在で、特に野球回や最終話はちゃんとらしさが出ていたかと。キャラもなずなやミンクの姉御と言ったサブキャラは魅力に溢れていた。何より、期待外れという感想にならなくて本当に良かったと思ってる。

 

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

これもダークホースかな。気軽に観て楽しめる作品だった。なろうだけど、カタリナが周りから好かれる理由が分かり易いのは評価点だと思う。個人的には百合要素をもっと観たい思いもあるが、これでも良きかな。

2期も楽しみにしてる。

 
LISTENERS

面白い?微妙?と自問自答し続け、なんやかんや面白かったんじゃね?で締まった。華があったとは言い難いが、バトル演出は決して悪くなく、旅を通じた主人公の成長物語としてもちゃんと成立していたのではないか。単発回が弱かったのが惜しいが全体観れば良作って印象。音楽は流石のじんさん。

 
ULTRAMAN

ネトフリで一気に観た。何よりウルトラシリーズへのリスペクトに溢れていたのが一番の評価点。キャラ名もそうだが、アニメだと変身音等も踏襲されていてよりそれが伝わった。まだまだこれからだと思うが2期を待つ。

 
波よ聞いてくれ

北海道枠その1。他の人より低めだけど良くはあった。大きな山場があるというよりは小〜中程のイベントを連発していた為安定感が強かったかなと。札幌を初めとした北海道の雰囲気も良く、舞台を活かしていた。

 


アルゴナビスfromBanGDream

北海道枠その2。何度も言うが、アイドル系やバンド系にありがちなマイナス展開を尽く改善しているのはもっと評価されるべき。演奏シーンも本家バンドリに引けを取っていないし、誰も観てないが男ばかりのアニメと思って食わず嫌いせず目を向けて欲しい。

 


神之塔

最初あんま期待してなかったけど段々良くなっていった。韓流なろう感はあるが、展開が先の読めない物となっていて、独特の雰囲気とも合っていた。キャラは少し増え過ぎ感はあったが個性豊かなキャラが多くて散漫になるのは防げたかと。物語の序盤だけで終わってしまったが2期はある?

 


球詠

色々言われる問題作だが、少なくとも話に限ってはちゃんと野球物として丁寧かつ盛り上げもあった印象。それ故作画とCGがなぁ…ってのが大変惜しい、そのせいかキャッキャ感はあまり無かったし。試合では参謀役の子がとても良い味出していた。

 A-:


ざしきわらしのタタミちゃん

ハイスコ作者の5分アニメ。面白い回とつまらない回の差が激しかった。面白い回は社会風刺が良い感じに皮肉効いてて割と楽しめた。つまらない回は…既に内容思い出せない…

 
アルテ

多分良作だけど好みじゃなかったパターン。朝ドラとかでありがちな話をやりたかったのかもだけど、女がどうこう問題がしつこ過ぎてウンザリしてしまったのがマイナス。ある程度なら良いがアニメでまでそれメインはいらんなと。後ハイライトもあんまり無かった印象。西洋の街並みは良く、ユーリさんは良キャラだった。

 B:


プリンセスコネクトReDive

ラスト2話のシリアスメインは生き生きしてたけど、それ以前必要だった?って思ってしまった。コメディパートはキャラの薄いこのすばくらいにしか映らなく、終わってみるとせめてシリアスの伏線もーちょいでも入れてくれればと思った(キャルちゃんの色々とかはあったが)。

2期来たらなんやかんや観そうだけど、コメディ磨くかシリアス増やすかを期待。

C:

※無し

2020年冬アニメランクと感想

短文の簡易的な感想です。

 

 

ランク基準

S→素晴らしい!

A+→とても面白い

A→面白い

A-→ギリギリ及第点

B→微妙

C→・・・何も言うまい

 

S:

ランウェイで笑って

堂々の今期No.1。テーマこそ異質なれど青春少年漫画の王道を押さえたストーリーに上手い演出が重なり、秀逸な出来に仕上がっていた。キャラも2人の主人公に実質主人公の1人を加えた3人のそれぞれの想いがよく噛み合っていたかと。
原作購入を強く検討していたが、その後15巻まで大人買い。以降最新刊出るたび購入。

 

映像研には手を出すな!

2番手。メイン3人のコント的掛け合いが自分は特に好きだった。特異な部隊設定での空想シーンや単純にアニメ制作の様相も勿論良き。小ネタは勉強不足を感じてしまったのでもっとわかるようになって改めて観てみたい。

 

 A+:

ソマリと森の神様

Sでも良かったが上が強過ぎた。明るく見えるけどその実重い設定で、シリアスシーンも多かったけど作画とbgmとよく合ってた印象。個人的にはグロさを抑えて切なさを増したメイドインアビスってイメージがあったり

 

ID;INVADED

序盤から割と良かったけど途中で加速的に面白さが増した。初見は設定多くて困惑するけどSF仕立てのミステリらしく謎が繋がっていく様や、仮想世界での話などよく出来ていたかと。もう一度改めて観てみたい。

 

ドロヘドロ

正直観る前は難解なのかなと思ったら意外にもわかりやすく観やすい話運びで安心。キャラが皆個性豊かで、特に主人公のカイマンは漢って感じで良い主人公でしたね。謎の多くはまだ混沌の中なので二期が来るのを期待。

 

 A:

宝石商リチャード氏の謎鑑定

個人的に好きでした。観てないか切った人が多そうだけど。ライトミステリって感じに1話1話で宝石にまつわる人間関係を宝石そのものの雑学と交えていて、ミステリながら疲れず楽しめた。
原作の方が面白いらしいのでいつか読んでみたい。

 

へやキャン△

へやというか、コンパクト版ゆるキャン?特に悪いとこなかったしもっと上でも良いんだけど、5分じゃ足りん!
話やキャラ、テーマの扱いは流石ゆるキャンって感じ。

 

pet

6話くらいまでマジでわけわかめだったけど終盤で段々わかってきて、そこから評価が爆上がりに。正直切らずに最後まで観て良かったと思えた。
司さんの狂人っぷりはヤヴァイ。

 

BanGDream!3rdSeason

2期がゲーム内バンドメインなら、3期はリアル活動してるバンドに焦点当ててる印象。前から思ってるけどキャラが増えた事が功を奏していると思う。後はRASやRoseliaそれぞれがより掘り下げられて。

 

恋する小惑星

きらららしい可愛さもあるにはあったけど自分が地学徒だから楽しめた節が強かった。ただ特有の強みこそなかったものの色んな部分が平均点以上で、結果ゆるアニとしても無難に良作にはなれてたとは思う。
学校の研究に疲れて忘れてた地学の楽しさをこのアニメで思い出した気がする()

 

群れなせ!シートン学園

初見はナンダコレだったけど気づいたら毎話楽しみになってた不思議。ギャグ部分よりも運動会やシー学園みたいな頑張る系の話の方が好き。あと地味に時々動物の雑学系の話が出てくるのも割と良かった。

 

僕のヒーローアカデミア 4期後半

低く見えるが他が高いだけ。やっぱり原作を知ってる事もあって毎話安心して観れる。4期前半がシリアスだったので一転明るいエピ、加えて「絶対悪じゃないヴィラン」が敵という構図が上手い。

 

バビロン 第三部

色々言われてるけど結末がモヤるだけで2部まで程じゃないにしろ普通に面白かったと思う。新キャラの大統領良キャラだったし。
結末は...バッドエンドでもせめて曲世が倒されてくれればなぁ...

 

A-: 

虚構推理

テンポ悪い、これに尽きる。怪異やら屁理屈バトルやらと面白い要素はいくらでもあって、色んなエピでそれらを扱えば良いものを何故鋼人七瀬(と一応大蛇)だけでやったのか。未読だけど原作小説や漫画の方が向いてそうな気はする。

 

へんたつ

アニメと言うか映像付きツイッタ漫画?たつき監督のツイ垢アップで観てた。話よくわからなかったけどゆるーい感じで1分半しかないからお手軽に観れた。

 

 B:

ダーウィンズゲーム

世間の評価高めだけどあんまりハマらなかった。チーム戦は良かったけど、能力重視のデスゲームはなんか緊迫感に欠けて能力扱いももイマイチ半端で。あとサブキャラは良かったけど主人公と敵の小物感がちょっとキツかった。もし二期やるなら戦略重視のチーム戦メインを期待。

 

 C:

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

いつか面白くなると思ったらどんどん訳わからなくなって、しまいにはネタの様な展開に.....別にまどマギと比べるつもりも虚淵が書けとか言うつもりもないけどとっ散らかり過ぎ良キャラもハイライトも特に無しで観る動機を途中から探してた。
二期観るかは不明(惰性で観るかもだが)